八王子市上恩方町の古民家を改造して烏骨鶏らーめんを始めました。

八王子市上恩方町の古民家を改造して烏骨鶏らーめんを始めました。

%e7%83%8f%e9%aa%a8%e9%b6%8f%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

八王子市の上恩方町は東京都にありながら自然豊かな場所となっており、休日に多くの観光客が訪れます。
また、自転車ではサイクリングロード 陣馬街道(和田峠)で有名です。

「はなとり」では畑で現在、烏骨鶏約150派ほど飼育しています。烏骨鶏の他にも名古屋コーチン、アロッカナー、岡崎おうはんも飼育しています。

始めは卵のみを販売しておりましたが、烏骨鶏の鶏ガラでらーめんを作ったところ、すごく美味しく、皆様に食べて頂きたく烏骨鶏らーめんを始めました。

s_usanpo3

中国4000年の歴史が伝える鶏 『烏骨鶏』

薬用鶏

古来、中国の宮廷には3グループの医師が仕えています。医食同源の立場に立つ料理人、病気回復を司る漢方薬剤師、そして手術を施す医師達です。

中国の宮廷ではその中でも料理人を上位の医師として用いてきました。

その中国で烏骨鶏は薬用鶏として飼育され、滋養強壮、長寿の源として宮廷の薬膳料理には欠かすことが出来ないものでした。また、漢方薬の原料としても重宝されてきました。

脳卒中、高血圧、神経痛、婦人病、肺結核、肺癌、肝臓癌、動脈硬化、胃下垂、胃弱症、糖尿病、リュウマチ、体質虚弱、美容と健康、アトピー、等に効果があると言われています。

中国の歴史は、食の歴史であり、また東洋医学の歴史であると言えます。中でもここで紹介致します「烏骨鶏」は歴史の王候・貴族たちに「薬用鶏」として愛用されてきました。

 

この烏骨鶏鶏ガラスープ青森県産焼き干し(焼いた煮干し)をコラボさせ、麺は青森の超極細麺を使用しています。

 

ここでしか味わえないラーメンとなっております。

 

 

八王子市上恩方町の古民家を改造して烏骨鶏らーめんを始めました。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です